「補聴器」と「集音器」の違いとは

  • HOME »
  • 「補聴器」と「集音器」の違いとは

聴力低下のために簡易補聴器や集音器の購入をお考えの方も多いでしょう。
「補聴器」と「集音器」は、耳に入れて音を大きくする機器ですが、全くの別物です。まずはこの違いを知り、自分に適したものを選ぶことが大切です。

法律と利用者の違い

補聴器と集音器の大きな違いは、医療機器として認定されているか否かにあります。
補聴器は薬事法に基づいた厚生労働省の認定を受けた「医療機器」であるのに対し、集音器は法律で指定されていない「音響機器」に分類されます。

補聴器

医療機器である補聴器は認可を受けたメーカーしか製造することができず、設計・開発・製造をするための手順や規定が細かく定められており、定期的に審査が行われます。

出力制限や音質調整、言葉の明瞭度などの細かい機能が付いているため、個人の聴力や使用状況に合わせて微調整できるのがメリットでしょう。

調整は困難を要するため、補聴器専門店や専門の医療機関で行います。

集音器

法律の指定がない集音器は、気軽に購入することができるため人気ですが、製造販売上の制約がないため、効果や安全性、信頼性が確立されているわけではありません。

難聴の人を前提としているわけではないため、正常な聴力の人向けのものとも言えます。

価格の違いと注意点

国の認可が必要な補聴器は、設備や管理、製造に膨大なお金と時間を要するため、必然的に高価になります。

集音器を製造するには補聴器ほどの資金や時間が必要ではないため、安価で入手することができます。自分の聴覚レベルに適したものを選ぶ必要がありますが、購入時にはご注意ください。形状や価格の違う様々なタイプが存在する補聴器や集音器は、品質を外見で判断することができません。難聴の程度は人によって違います。

補聴器と集音器、どちらが自分のニーズに合っているかを判断するためには、耳鼻科の専門医に相談することをおすすめします。

株式会社エル・ピー・シーでは、難聴向け補聴器や簡易補聴器、集音器などの開発・製造・販売を行っています。社会に貢献するため、聴覚障害の方々の生活を豊かにするために、日々全力で取り組んでおります。個人・代理店ともに注文を承っておりますので、品質確かな簡易補聴器や難聴向け補聴器を通販でお求めの方は、株式会社エル・ピー・シーの商品にご注目ください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社エル・ピー・シー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.