若者に増加中の「ヘッドホン難聴」について

  • HOME »
  • 若者に増加中の「ヘッドホン難聴」について

音楽が生活の一部となっている若者はたくさんいます。
大音量で長時間音楽を聴くことが日課になっている方も多いでしょう。近年では、ヘッドホン難聴の症状を発症する若者が増えてきていますが、ヘッドホン難聴とは何なのか、対処方法はあるのでしょうか。

ヘッドホン難聴って何?

ヘッドホン難聴とは、ヘッドホンやイヤホンの使用が原因で起こる難聴のことで、騒音性難聴や音響性外傷とも呼ばれています。鼓膜が破損や、内耳がダメージを受けることで発症するケースが多いです。

この難聴の1番の恐ろしさは、気づきにくいことにあります。これこそがヘッドホン難聴の症状を悪化させ、若者の難聴者が急増している原因なのです。

ヘッドホン難聴の症状

  • 耳の奥の痛みや頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 耳の詰まり
  • ひそひそ声が聞き取りにくい
  • 雑音の中で会話が聞き分けづらい
  • 高音と低音、どちらかだけが聞こえない
  • 複数の人と話すと会話がよくわからない
  • 離れたところからの呼びかけに気づかない

気をつけたいこと

大音量はNG

当たり前ですが、音が大きいほど耳にかかるダメージは大きくなります。
イヤホンやヘッドホンは、人混みや車内などの騒音場所での使用時が多いため、ついつい音量を上げてしまいがちです。大音量で聴かないように意識しましょう。

高音に注意

周波数が高いほど耳に与えるダメージも大きいのをご存知でしょうか。
空気中で弱まるとされている高音の周波数も、ヘッドホンではあまり弱まることがなく、そのまま耳に伝わってきてしまいます。ヘッドホンを使用しなくても音楽を聴ける場所では、使わないということを意識しましょう。

耳に休息を

適正な音量であったとしても、長時間音楽を聴くと耳には大きな負担をかけることになります。
ヘッドホンをつけて音楽をかけながらそのまま寝ているという方も、聴力を守りたいなら避けるべきです。ライブやゲームセンターなど、大音量で音楽が流れている場所に行った後は、必ず耳を休めることを心がけましょう。

耳が聞こえないということは、仕事はもちろんプライベートにも影響がでてきます。
怖くて外出できないとストレスを溜めている方もいるでしょう。快適な日常生活を求めている方には、聴力をサポートしてくれる補聴器の活用をおすすめします。

株式会社エル・ピー・シーでは、難聴向け補聴器・簡易補聴器・集音器など、福祉用具の開発、製造、販売を行っています。人気の首かけ式簡易補聴器を安価でお求めの方、品質確かな補聴器を通販でお探しの方は、ぜひご利用ください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社エル・ピー・シー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.