聴覚障害の等級について

  • HOME »
  • 聴覚障害の等級について

声が聞きづらいと感じたら、早めに耳鼻咽喉科で検査を受けましょう。その症状は、もしかしたら聴力障害かもしれません。

日本では聴力レベルが70dB以上の方は、身体障害者手帳の交付を受けることが可能です。身体障害者として認定される聴覚障害には等級があります。

こちらで聴覚障害の等級・判定基準についてご紹介しますので、耳のトラブルでお悩みの方は参考にしてみてください。

聴覚障害におけるdB(デシベル)

聴覚障害の検査では、程度をdBという単位を使って表します。聴覚に障害のない健常者を0デシベルとして、数字が高くなるほど聴覚障害の度合いが大きくなります。

聴覚障害があると、何か音が鳴っているのは聞こえても、正確に音の内容を理解できないため、会話が困難に感じることが多くなります。そのため、国連の世界保健機構(WHO)では、41dB以上の難聴者には補聴器を推移しております。

もし、日常会話やテレビの音が聞こえづらいと感じるなら、耳鼻咽喉科で検査を受けた後、販売店で補聴器の購入を検討することをおすすめします。

聴覚障害における等級の考え方

2級から6級に分けられ、数字が小さくなるにつれて重度の障害となります。
1級は聴覚障害に加え、言語障害も見られるであろう者が認定される等級となっており、聴覚障害のみでは1級となることはないとされています。そのため、聴覚障害で最も重度とされるのは2級です。

聴覚障害の判定基準

2級

両耳が100dB以上の大きな音にしか反応できない聴力レベル。電車が通る時のガード下に居る時の騒音レベルで聞こえないため、全ろうと判断される。

3級

両耳が90dB以上でしか反応できない聴力レベル。耳に接するほど近くでの大声しか理解できない状態のため、重度の聴力障害となります。

4級

両耳が80dB以上でしか反応できない聴力レベル。耳に接するほど近くであれば、一般的な声量でも聞こえる状態。または、両耳で一般的な声量を聞いた場合に、喋った内容を理解できるのが50%以下の場合。

6級

両耳が70dB以上でしか反応できない聴力レベル。相手との距離が40㎝以上離れてしまうと会話が理解できない状態。または、片方の聴力レベルが90dB以上で、もう片方の聴力レベルが50dB以上となっているもの。

株式会社エル・ピー・シーでは、補聴器の開発および通信販売を行っています。
難聴者の方が、気軽に手に取ってもらえるように安価な補聴器具や簡易補聴器を取り扱っておりますので、価格が気になる方でも安心してご購入いただけます。また、代理店募集も行っていますので、人気のある補聴器で出店したいとお考えの方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社エル・ピー・シー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.