音が聞こえる仕組み

  • HOME »
  • 音が聞こえる仕組み

私たちは普段から何気なく音を聞いていると思います。しかし、耳は精密機械のような複雑な仕組みになっており、一部に異変が生じただけでも、聴覚に影響が出て補聴器が必要になることがあります。

こちらでは、耳の構造や音が聞こえる仕組みについてご紹介いたします。

音の正体は振動

例えば、手をその場で叩いたとします。
その時、空気中では振動により手の周囲にある空気が押し出されて、部分的に空気が濃くなります。空気の濃い部分がさらに近くの空気を押し出していき、空気の薄い部分と濃い部分の断層ができます。そして、その断層が私たちの耳に届き、耳の中にある鼓膜が振動し、振動を脳が記号として受け取り、音として判断されるのです。

耳の構造

耳は聴覚の他にも平衡感覚を司っている器官で、外耳、中耳、内耳からなっています。こちらでそれぞれの役割を簡単にご紹介します。

外耳

外耳は私たちが普段から耳として、認識している部分です。
外耳はさらに、耳介という音を集める役目を担っている部分と、外耳道という音の通り道の役目を担っている部分に分けられます。また、音が届く方向を探る役割も同時に担っています。

中耳

次に音の増幅の他にも重要な役割を担っている中耳をご紹介します。
中耳は、鼓室内の気圧を調整する役割を果たしており、これによって正しい音を伝えるサポートをしているのです。耳小骨という小さい骨が鼓膜の振動を蝸牛に伝えます。

内耳

私たちが耳にしているものを音として伝えてくれるのが内耳の役割です。
内耳には蝸牛と呼ばれる器官があり、その中にあるリンパ液が振動によって揺らされます。その揺れが音の強弱・高低差と判断され、電気信号に変わり脳へと伝わります。

振動が音に変換される仕組み

内耳の蝸牛に届いた振動は、中にあるリンパ液を震わせて有毛細胞を刺激します。刺激された有毛細胞は振動を電気信号に変換し、蝸牛の中にあるらせん神経節細胞に伝えます。その電気信号は、内耳神経を通り大脳へと伝達され、大脳聴覚皮質がその電気信号を解析することにより、ようやく音として認識されるようになります。

株式会社エル・ピー・シーでは、難聴をサポートする補聴器の開発や通販を行っています。人気のある首かけ式の補聴器を安価販売しておりますので、初めて購入される方でも気軽にご利用いただけます。気になることがございましたら、ぜひお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社エル・ピー・シー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.