補聴器の機能と役割について

  • HOME »
  • 補聴器の機能と役割について

難聴がある方にとって補聴器や集音器は欠かすことができないアイテムです。ただ、販売されている種類が多いため、補聴器の役割や機能をしっかりと把握していなければ、自分に合った補聴器を見つけるのは難しいと思います。補聴器の購入を検討している方がいらっしゃいましたら、こちらを参考にしてみてください。

補聴器に求められる役割

補聴器には、必要な音を大きくして、衝撃音など大きすぎる音を抑える役割があります。集音器は基本的に音を大きくするだけですが、補聴器には耳を痛めないために音量を調節する機能がついています。また、難聴といっても状態は人それぞれ違い、高音が聞き取りづらい方もいれば、中音域が聞き取りづらい方もいます。

補聴器は、そうした細かい違いまで調整することが可能です。様々なタイプの難聴の方に快適な生活が送れるようサポートするのが、補聴器における最も大切な役割なのだと思います。

音が聞こえるようになる仕組み

基本的な仕組みはマイクで音を集めて、アンプで増幅し、スピーカーから増幅した音を出すという流れになっています。補聴器のマイクは、小さいながらも高性能で、拾った音を電気信号に変換します。マイクが複数ついているタイプもあり、指向性のある補聴器は特定の方向から拾える音の精度が高くなっています。

音を大きくするアンプは、昔と違いICチップにより音をデジタル化して処理しています。そのため、入ってきた音の方向や音の強さ、高低などを考慮し増幅する音の大小を決めます。アンプで増幅と調整がされた電気信号を、もう一度音に戻して鼓膜に届けるのがスピーカーで、高性能なものが使われています。

補聴器の進歩

デジタル化されてからの補聴器は、現代でも日々進歩しており、驚くほど性能が良いものも登場しています。雑踏の中にいても、余計な騒音は低減させ、会話など特定の必要な音だけを増幅することが可能になっています。また、従来の補聴器では静かな場所で補聴器自体の内部雑音まで増幅させ、耳障りなことがありました。

しかし、デジタル化したことにより、一定レベル以上の音が入力されなければ、音の増幅度を下げる処理が行えるようになり、静かな環境でも快適に補聴器が使えるようになりました。

株式会社エル・ピー・シーでは、福祉用具の開発、製造、販売を行っており、補聴器の通販にも対応しております。安価で購入できる人気の簡易型補聴器や集音器の製造、販売も行っていますので、初めて利用される方でも安心価格でお買い求めいただけます。

また、代理店募集も行っていますので、補聴器販売に興味がある方は、お気軽にご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社エル・ピー・シー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.